キャリアオイル(ベースオイル)とは、マッサージオイルをつくるときにベース(基材)となる植物油の総称です。

アロマテラピー、アロママッサージなど、精油(エッセンシャルオイル)を使用する際に肌の奥深くへエッセンシャルオイルが浸透するのを助けることから、キャリアオイル(carrier=運ぶもの、媒介)と呼ばれています。

 

当院では基本的にはアロマオイルは使用いたしません。

お客様のその日の体調やお悩みに合わせ、これらキャリアオイルの特徴や効能をブレンドして使用します。

香りが苦手な方、敏感な方にもおすすめです。

 

  • スイートアーモンドオイル

スイートアーモンドの種子から搾油したオイル。栄養分が豊かで、特にタンパク質を多く含み、肌を癒して柔らかくする効果に優れる。ビタミンD、Eやミネラルなども豊富に含み、肌のかゆみを抑えて疲労した肌を回復させる。

 

  • ホホバオイル

古くからネイティブアメリカンの間で『砂漠の黄金』として親しまれてきたホホバ。

南米の砂漠に生える植物ホホバの実から採取される液状ワックスで、化学構造が人の皮膚の油性分泌物と似ているため、肌によく浸透しサラッとして伸びが良い。あらゆるタイプのお肌に有効。

 

  • グレープシードオイル

ぶどうの種子から抽出したオイル。軽いテクスチャーでビタミンEを多く含むので、汗ばむ季節には心地よさがより感じられる。お肌への刺激も少ないため、敏感肌の方にもおすすめ。

 

  • アプリコットカーネルオイル

杏の種子の核から抽出したオイル。浸透性に優れ、オレイン酸とビタミンを多く含んでおり、キメが細かいため、特に美容目的の方向け。

他のオイルに比べてエモリエント効果(肌にうるおいを与え、柔らかくする)も高い。

 

  • アボカドオイル

オレイン酸、ビタミン、レシチンなどの美容成分を含んでおり、肌を柔らかくする効果がある。角質への浸透力が高いため、日焼けや手入れのし過ぎなどによるゴワゴワ肌を柔軟化する。

粘度が高く、比較的強い力を加えることに向くため、スポーツマッサージに最適。

 

  • セサミオイル

セサモリン、セサモールなどゴマ特有の抗酸化物質やビタミンEを含む。不飽和脂肪酸であるリノール酸とオレイン酸をバランスよく含んでおり、アーユルヴェーダでは頭皮や頭髪のマッサージによく用いられる。

 

  • ローズヒップオイル

南米アンデス山脈に自生するドッグローズと呼ばれる野バラの種子が原料。体内では作ることができないαリノレン酸を豊富に含むので美肌作りに効果的。

 

  • セントジョンズワートオイル

日本名「西洋オトギリソウ」と呼ばれるハーブから作られる。ヨーロッパでは神聖なハーブとして古くから大切にされている。ストレスの緩和やうつ病など精神的なトラブルや神経性の痛み、筋肉痛に使用されることが多い。また肌のトラブルをなだめ、うるおいを与える効果を持ちます。

ドイツ・コミッションEにより打撲傷や筋肉痛、また第一度のやけどに対して、正式にその有効性が認められている。

美容鍼ナビ
美容鍼ナビ
遠州 和の湯(天然温泉)
遠州 和の湯(天然温泉)
友だち追加数